お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

080-9341-1182

電話受付時間/ 9:00 - 24:00

お知らせ

<記事一覧へ戻る

恋愛・結婚・人生の心理学 2020/12/02

②[男女必読]清潔=清潔感じゃない!?モテる男性と女性の清潔感の特徴とは? ~清潔編~

「女性の清潔感」と「男性・女性の清潔感で気を付けること」が4分で分かるブログ記事です!

 

また、前回「清潔感(清潔)とは何か?」と「男性の清潔感」の①を記載したのでまだ読んでいない方はそちらの記事をお読みください!

ここをクリック

 

②の方には女性の清潔感と男女の気を付けるべき清潔感を書いております!

 

こんにちは!こんばんは!今日は清潔感のことを話したい完全無料出張・オンライン型結婚相談所 Pari Passu(パーリパシュ)結婚相談所です。

私のHPも清潔感(清潔)を意識して作成しているので見ていってください!

 

私の書いた記事の中で「清潔感チェック」というものを上げているんですけどそれを読んでくださった人たち(女性・男性)から

「清潔感は○○だ!」とか「女性にも清潔感はいるぞ!」とか「清潔と清潔感は違う!」など様々な清潔感が飛び出してきました。

前の記事を読んでくださって男性・女性視点の清潔感の意見を頂きましてありがとうございました。

私が思っていた以上に清潔感って「イケメンな人・きれいな人」よりも重要ポイントであるということが分かりました。

「清潔感」がないとどんなにきれいな人(女性)・イケメンな人(男性)でもモテません!

今回この記事では、「清潔感がある男性・ない男性」「清潔感のある女性・ない女性」の特徴をポイントごとにまとめつつ、

清潔感を出すためにおすすめな方法やポイントも紹介します!

更に、清潔感は肌や髪型だけじゃなく普段の生活でも清潔感が問われていますのでこの記事と前書いた「清潔感チェック」の方を見て、

さらに清潔な男性だけでなく女性も清潔感のポイントを学んで「清潔感のある男性・女性」を目指していきましょう!!

 

🔷女性の清潔感(清潔)の特徴

次に女性の清潔感(清潔)ですが、男性だけじゃなく女性にも清潔感が求められているんです。

男性とは少し清潔感(清潔)のポイントや特徴が違うので自分に照らし合わせて考えてみることが大切ですし必要です!

 

●手・爪先(外見)

自然体な爪と潤ってる指=清潔感(清潔)

女性の指先や手は男性が物凄く見ているポイントなんです。

仕事上ネイルしていない人もいますがネイルをしている女性は爪が長い人が多い感じがします。

清潔感(清潔)のある女性はネイルをしてもしなくても爪の間が黒ずんでいたりゴミが入っていることはないでしょう。

また、清潔感のある女性ならネイルができない仕事の場合でもきちんと磨いて適切な長さでケアがされていてきれいな状態で保っていることが大切です。

指先や爪が汚いと「不潔だな…。」「手洗ってる…?」と思われますし、

長すぎる爪は「爪が長い=料理とかしてなさそう」と仮に違ったとしても間違った印象を男性に与えてしまいます。清潔感(清潔)は小さな部分でも印象が大事ですからね。

また、女性と言えば指が長くて細くて柔らかい肌の手という印象が男性側にはあります。

また、そういう手を持っている女性は女性らしさがあるし男性側は「清潔感」を感じます。

女性で手をしっかりケアできている人は他の部分もケアが行き届いている感じがしますし、清潔感があるように感じます。

女性の方でハンドクリームを使って保湿していて手荒れのないきれいな女性は男性からしたら清潔感あるなー。と感じることが多いです。

また、余談ですが男性の好きそうな良い香りのするハンドクリームなら尚良です(笑)

 

●メイク(外見)

飾り過ぎてない顔=清潔感(清潔)

女性の方は男性と会う時しっかりとメイクされて行かれますよね?それは清潔感があって良い印象ですが、男性は意外と「がっつりつけまつ毛」「がっつりアイライン」

「色の濃い口紅」のような濃いメイクをしている女性より、素のままに近いナチュラルメイクのほうが「清潔感がある」と感じる人が圧倒的に多いです。

女性からしたら「ナチュラルメイクは可愛い女性しか似合わないから!男性って本当…。」って呆れを感じている人がいるかもしれません。

ただ、男性ってそんなものです…。すみません。

逆によく肌を見たら「ファンデーションの粗が凄い」とイメージを持たれると「清潔感がない」と男性は感じるのでしょう。

男性が清潔感を感じる女性のメイクのポイントは、「メイクしてるか分からない」くらいナチュラルという感じです。

女性としては良い印象を持ってほしいかもしれませんが、男性は意外とがっつりメイクしている女性よりもありのままを見せてくれる女性を最後は好きになるものですよ。

清潔感(清潔)=着飾るわけじゃないということです。

 

●体型(外見)

痩せすぎず太り過ぎない=清潔感(清潔)

女性は男性より胸やお尻などに脂肪がつきやすいものです。それは子供を産む際に守る役割も果たしているからしょうがないことです。

女性の皆さんが良く勘違いしていることですが「痩せている=清潔感(清潔)」と感じる男性は意外と少なく、痩せている女性が特別好きなわけではないです!

どちらかというと清潔感とかではなく「女性らしい」体型であるほうが男性には人気です。

「女性らしい」ってなんだよ!と思われる人がいると思いますが、

自分の身長 - 105 = 適正体重 ± 3kg

と言われています。これが全てではないですがこのぐらいを目指してみるといいでしょう。

自分の体に合った体重を維持できている女性は、健康的な生活を送っていると普通の人なら思いますし、

食べすぎて太りすぎている人よりかは幾分か「清潔感」を感じますよね。

太っていなければ「清潔感」を感じるのかと言えば、答えはNOで痩せすぎていても「不健康そう=清潔感がない」という印象を持つのが人です。

男性はどちらかによっているより女性の普通の体型が一番好きなんです。

 

●行動(言動含む)

楽しくなってもちゃんとした言葉遣い=清潔感(清潔)

自分の周りの清潔感のある女性を想像してみてください。周りにそんな人いない!と思うのであれば清潔感のありそうな人想像してください。

その女性って言葉遣いが丁寧じゃないですか?少なくとも男性の前では!

「お前マジ○○!」

「くそ○○じゃね?」

こんな言葉を使ってる女性に清潔感は感じませんし、何も感じないのであればその男性も同じような言葉遣いなのかもしれないです。

どうしても汚い言葉は不潔(下品)に感じてしまいますし、どれだけ着飾ってきれいにしていて清潔感が感じられても、

そのような言葉が聞こえたら「…うわぁ」とギャップで更に清潔感とは程遠いものになります。

 

●毛・髪型(外見)

見えない部分もしっかりと綺麗な髪質=清潔感(清潔)

清潔感のある女性はきちんとムダ毛の処理をしているとほぼ全ての男性が思っていることです。

このような男性の印象のおかけで女性からしたら物凄い迷惑だと感じているでしょう。

「背中の部分なんか見えないからマジで面倒」と人によってはキレたくなるでしょう。

男性と同様に女性だってすね毛や腕毛、脇毛など、体毛が生えるのはあたりまえなんですけどね…。男性は分からんのです。

ただ、やっぱり男性はムダ毛をきちんと処理している女性に「清潔感」を感じるようです。

また、女性の一番印象が変わる特徴と言えば髪型です!

髪を伸ばしている人、髪を短くしている人、綺麗にぱっつんで揃えている人。

いろんな人がいると思いますがここで重要なのが、乱雑に伸ばしっぱなしにしているだけでは、清潔感がない印象に見えるということです。

髪は長さと量が比例して増えていくので整えないと髪型が変になったり、髪が邪魔になったりして清潔感がないように見えあまりいいことありません。

さらに、これは男性が近くに寄らないと見えないことですが枝毛になってしまっていると「髪のケアをしないのかな。」と感じる男性もいます。

そうすると、せっかくのロングヘアーでもなんとなく「不潔な印象」が残ってしまい女性の武器でもある髪が清潔感を無くすものになってしまいます。

清潔感のある女性は、シャンプーのCMでもあるようなきちんとケアをしている髪型で、髪に艶があってサラサラしている状態です。

 

●匂い(臭い)

香水臭くなく自然な女性の匂い=清潔感(清潔)

これは上の髪(髪型)の追加でもありますが、清潔感を出すには体臭のケアと同時に、

良い匂いのするシャンプーや、シャボン系の匂いや甘い匂いがする香水系は男性に良い印象を与えます。

女性だと髪が長いのでより匂いが付着していたりしますし、ハンカチやハンドタオルなど身の回りの布系にも香りを付けておくと、

男性にハンカチを貸したりした際に好印象与えることも間違いなしです!ただ、匂いがきついと不快感を与えますので注意です。

香水は首元や足元だけにつけると、「清潔感(清潔)のある女性」演出できます。

 

🔷男性・女性の清潔感(清潔)の特徴

さてここまで男性・女性両方の清潔感(清潔)の話をしてきましたが、最後は男性・女性ともに人から見られているポイント、

気にしておくべき大切で必要なことを上げていきます!

これは異性からモテるというよりも人から見られている清潔感(清潔)と思ってください!

 

●服装(ファッション)

毎日アイロンがけをしてある服を着ている=清潔感(清潔)

シャツやスカートやパンツなど、きちんとピシっとしたシワのない洋服を着ている人は男性・女性問わず清潔感(清潔)を感じます。

毎日洗濯していても、シワシワのまま着てしまうと、何か清潔感(清潔)がないというか不潔に思われてしまいます。

清潔感(清潔)のある服装をしている人を見ると、その人自身も清潔感(清潔)があるように見えます!

アイロンなども大切ですが毎日の印象のために自分に似合う服装も大切なことですね。

 

●肌(外見)

美肌=清潔感(清潔)

これは男性・女性ともに清潔感のある人は、きれいな肌をしています。

肌がボロボロだったりニキビがたくさんある人を見て「清潔感(清潔)」を感じる人はいないでしょうし、逆に「不潔だな」と感じてしまいます。

更に、油っぽい肌を見ると「脂っぽいものばっかり食べてそう…」とだらしない人に感じられそうですね。

乾燥肌や肌荒れしやすいという人もいますし、その人が清潔感(清潔)がないとかではないしそれが悪いというわけではありません。

大切なのは「肌荒れしないように毎日ケアしている」ということです。

「乾燥」=「清潔感の敵」ですのでしっかりと清潔感を得るために美容液等は塗っておいてもいいでしょう。

清潔感(清潔)のある人の特徴はきちんとクレンジングケアをして保湿をかかさないという人です。

 

●匂い(臭い)

癖のない自然な匂いがする=清潔感(清潔)

清潔感(清潔)で大切なのは「見た目(外見)」だけではないことが分かったと思います。

不意の良い匂いが大切なんです。「汗臭い…」と感じる人ってやっぱり清潔感(清潔)とは真逆で不潔な印象ですよね。

汗をかく=不潔ではないです! 逆にスポーツ選手でも清潔感(清潔)がある人も沢山いますよね?

周りの人を自分の毎日の匂いでどう思っているかを考えることが必要なんです。

清潔感(清潔)がある人は香水臭い人よりも柔軟剤や石鹸のような自然の匂いがする人を清潔感(清潔)があるって思います。

良い匂いの人は、同性から見ても清潔感(清潔)のある印象があります。

 

●髪型(外見)

髪がサラサラで手入れもきちんとしている¬=清潔感(清潔)

「髪は女性の命」って名言もある通り女性の手入れしてある髪はすごく「清潔感(清潔)」を感じます。

 

女性はデートの時以外でもファッションに合わせて髪型を変えるなどきちんとセットしてあるというのも清潔感に繋がりますし人が見ても良い印象しかないですね!

男性もそうですが、手入れをしていなくて清潔感がない人よりケアしている人の方が清潔感(清潔)ありますね。

髪が油でギシギシだったり変な髪型だと感じるような人には清潔感(清潔)を感じませんよね。

ツヤのある髪・その人に合っている髪型に「清潔感(清潔)」を感じるわけです。

 

●行動(言動含む)

姿勢がいい=清潔感(清潔)

姿勢が悪い人ってどうしても自信がなさそうに感じますし変な空気感を感じます。

姿勢が良い人は自信に満ちあふれているような明るい印象を受けますし「清潔感」を感じられます。

清潔感のある人って、普段から周りに対して「だらしなさを感じさせない人」のことなんですよね!

 

●匂い(臭い)

口臭がしない=清潔感(清潔)

これは自分ではあまり気が付きませんし人から言われるまで分からない人が多いように感じますが、どんな人でも多少「口臭」がします。

ただ、普段のケアが出来ていないと更に酷くなり不潔な印象を与えてしまいます。

清潔感(清潔)のある人は朝晩はもちろん歯磨きはちゃんとしているし昼もしている人がいるくらいです。

 

●口元(外見)
潤いのある唇=清潔感(清潔) ・歯が白い=清潔感(清潔)

唇に潤いがあると清潔感があるし、色気を感じます。逆にお手入れされていない感があると不潔な印象を与える可能性もあります。

清潔感のある人って大体リップを必ず持ち歩いていている感じがしませんか(笑)?

唇はいつでも潤いを持って清潔感(清潔)を!

そして会話をするときに目が行くのが「歯」です。ガチャガチャ歯の人だったり歯が黄ばんでいる人には清潔感を感じませんよね。

清潔感のある人ってそのへんもきちんとしている人がほとんどです。

ニコッとしたときに歯がきれいで白いと良い印象ですし、逆に歯が黄色いと不潔という最悪な印象しかありません。

 

●持ち物(外見・ファッション)

物持ちが奇麗=清潔感(清潔)

年季の入っているものって渋くていいですが、ボロボロとは少し違いますよね?

ボロボロの物を使っているよりはきちんと持ち物がきれいなのが「清潔感(清潔)がある」と感じます。

良いものを長年愛用していて愛着があっても、清潔感(清潔)のある人は丁寧に使用してきれいなままを維持している人が多い気がします。

どんな持ち物でもきれいな人は清潔感があると周りの人は感じます。

外だけでなく中もですが鞄の中が理整頓されていない人も清潔感に欠けます。

カバンの中がそういう人って「この人の家も汚れてそう」勝手に感じます。

清潔感(清潔)のある人は自分だけでなく身の回りの整理整頓もできている人が多い印象です。。

 

🔷清潔感(清潔)の特徴を理解したところで…

さてさて、ここまで清潔感(清潔)を話してきましたがいかがでしたでしょうか?

清潔感って難しそうだと思いましたか?それとも普段から清潔感(清潔)を出せてるな!と思いました?

自分は清潔感(清潔)があると思っていても他の人から見ると…。ということがよくあります。

清潔感ということが分からなくなった人は「清潔感のある」有名人を想像してください。

そしたら清潔感がなにかを少し理解できると思います。

清潔感とはなんぞや。ということから男性・女性の清潔感、人から見られる清潔感など様々な清潔感がありましたが、最終的に大切な清潔感のポイントとは。

 

清潔感(清潔)=飾らず自分らしく、ただ常に人から良く見られるような言動、行動と服装をして毎日自分をケアする

ということですね。これが清潔感の本質だと感じました。

 

私の結婚相談所では清潔感のポイントは常に人に見られているもの。と教えていますし、清潔感の重要性はよく言っています。

清潔感は婚活や恋愛だけでなく、仕事や友人関係にも大きく影響を与える大切なものです。

清潔感を普段から考え、「こうした方が清潔感あるかな?」と行動し、聞ける人がいれば「これ清潔感(清潔)あるよね?」と聞いてみるのもいいでしょう!

意外と「清潔感(清潔)」を無意識で感じているだけで深く考えたことはないから意外と盛り上がるかもしれません。

この記事が貴方の「清潔感(清潔)」の1つになれば嬉しく感じます。

 

福岡・博多の結婚相談所だけでなく全国見てもここまでサービスがいい結婚相談所は福岡のPari Passu(パーリパシュ)結婚相談所以外ないと思います。

私、西原はPari Passu(パーリ パシュ) ~足並みを揃えて、共に歩もう~・役に立つ知人を絶対のモットーとして福岡を中心に広く結婚相談所を運営しております。

業界では物凄く珍しいお客様の元へお伺いする完全無料出張・オンライン型結婚相談所なのでお気軽にご相談してください。

TOPへ戻る